スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八反草75%の純米酒

すっかり更新をさぼっているうちに
八反草75%の新酒もできあがり、
来年の酵母の選定の相談もかねて、
広島県食品工業技術センターの先生にお酒をきいていただきに出かけました。

持参したのはもちろん新酒「純米酒 八反草75」。
昨年はじめて挑戦して、思いがけず高評価ですぐに品切れになりました。
これを「たまたまできました」というような、
八反草にかわいそうな評価にしないためにも、うまいものにしなければ、、、。
2年目のプレッシャーがつきまとう仕込でした。

結果。
「渋いですか?(去年はちょっと気になってました。)」と私。
「旨いんじゃないですか? 渋くはないですよ。」とO先生。
特に欠点の指摘もなく、ほっと一安心です。
自分の評価だけでは不安なものです。
私は旨みがしっかりしていて、今年も白いご飯のような味わいになったと思います。

去年よりも思い切って力のある麹を作ったし、
暖冬のなか、チラーにふんばってもらいながら
75%でありながら低温発酵させたし。
そしてのべ4日間、朝から晩までかかって瓶詰め瓶火入れもがんばりました。
もうこれ以上、このお酒に今してやれることはないと思います。
あとは八反草を信じて、皆様の評価をまつばかりなり。
こうなったら、1人でも多くの方に知ってほしいお酒です。
もうしばらく生で出荷して、来月からは火入れになります。
是非生も味わっておいて下さいませ。


追伸
うちは今、仕込はちょっとお休み中です。
というのも、年末は出荷作業が大変なので
仕込を中断してこっちを応援しているわけです。
あと10日したら、本格的に寒仕込が再開しますが
あたらしく挑戦する酵母も決まったし
仕込再開が待ちきれない感じです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。