スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月24日

いきなり春めいてきました。

そして。

今年は少し早めですが、甑を倒しました。

ホッ。

思わずホッとしてたら

前のブログからあっという間に1週間。

純米大吟醸八反草50は

ゆっくりと発酵を続けております。

短気な私には少しゆっくりすぎるんですが

がまんしてじっくりつきあってます。

今日で26日目。

面を見てやってください。

2gatu 24

しぼりはきっとひな祭りのころです。

おっとりしたお嬢かも。



スポンサーサイト

出荷しました!

16日に上槽決定!
と赤文字で大きく書きながら
翌朝には「あれっ?・・・じゃ今日しぼるかな。」
ということに。

まあ、よくあることで、
ごめんなさいよ。


朝から瓶詰めして
ラベル貼り。
これがうちはラベル、全部手貼りなもので
必死でした。
ご注文いただいた皆様の分
特に個人でお申込いただいた皆様の分は
全部出荷できました。

2gatu17.jpg



写真も雑でごめんなさい。
でも、実物が
今日、お手元にとどきますよ。
もう、これ以上のスピードはでない
「今朝しぼり」です。

2月14日

さて、あ~、さてさて。

八反草特別純米がそろそろです。
ちょっと迷って、明後日火曜日にしぼることに決めました。


今日は日本酒度 プラス0.5。
モロミはもう7℃台まで冷えています。

ゆっくりとゆっくりと
しずかなモロミ。
でも、最後まで酵母が元気ですから
きっときれのよいお酒になりますよ。


あ~楽しみだ!!

2月12日

八反草の特別純米、秒読み態勢にはいりました。

現在のお顔。
2gatu12.jpg


ああ、ちょっと分かりにくい写真。
小さな泡がポツポツでて、
ゆっくりゆっくり発酵しています。
もうアルコールは16%以上。
日本酒度もマイナス2.5。
ほぼ完成形です。
温度も8℃前半まで下げています。

2gatu12-2.jpg

明日、明後日と様子をみます。
あまり辛くないほうが美味しいので
来週前半にはしぼる段取りです。

来週末にはゆっくり八反草を飲む予定、
たてませんか?


2月9日

さて。

面の様子が逆転しました。

八反草特別純米はこちら。
2gatu9-2.jpg


ああ、よく分からない写真を撮ってしまった!
言いたいのは、泡、ないでしょう?!


一方こちらは八反草純米大吟醸。
2gatu9.jpg


モロミ中期にさしかかったチリメン泡。

ちょっと前とちょうど面が
逆転しました。



そして、今日はとても暖か。
しばらく雨模様のあたたかい日が続くらしいです。
このへんも微妙に隠し味になるかもです。


2月7日

今朝は冷え込みました。
蔵の外気温。

2gat7.jpg

こんな寒さにもくじけず、
モロミはけなげな顔。

まず、リンゴが埋まっている八反草特別純米。

2gaty7-2.jpg


だんだんしぶ皮というか、
チリメンのような泡が薄くなってきてます。


そしてまだこれからチリメン泡のでる
純米大吟醸八反草50。

2gaty7-1.jpg


よく似てるけど
こちらに浮いているのは麹です。
大きな泡はいったん収まって
しばらくしてまた渋皮のような
チリメンのような泡がでます。
それはこれから。


寒波が長く続いていて
蔵内温度も下がってしまっているのに
モロミの温度があまり影響を受けません。
これはモロミ自体がとっても元気な証拠。

とは言え、そろそろ平年にもどらないかしら。
朝の外気温0~2℃くらいがベストの
安芸津の朝です。

なにかがちがう。

純米大吟醸 八反草50。
泡がおさまってきました。

2gatu5.jpg

9号酵母とはちょっとちがう
もっと華やかな香り。
この純米大吟醸は2種類の酵母を使っていますが、
モロミ経過が長くなると
生命力の強い9号がのしてくるはず。
香りの経過も楽しみです。



そして特別純米 八反草。
昨年までと何かがちがう。
だって、香りがぜんぜんちがうもの。

今までうちの9号酵母の香は
バナナかぶどうのようでした。

今年はもぎたてのリンゴのかおり。
タンクの底に赤いリンゴがいっぱい埋まってるんじゃ、、
というほどに。
タンクの蓋をあけると
わっとたちのぼってきます。
「こんなに変わるもんなんだ!」
というのが正直な(杜氏としては正直すぎる)感想です。



楽しみ?
私はとてもとてもこの酒が楽しみです。





2月3日

節分、立春と続くのに
明日から寒波来襲。

こういう時期は
蔵内温度が下がり
モロミも風邪をひかせないような
注意が必要。



今日の特別純米。
2gatu 3

チリメンのような泡。
これがモロミ中期にさしかかったしるしです。

それにしても、それにしても
やっぱり、今日もものすごくいい香り。
9号のさわやかな香り。

このまま酒に残ってくれて
お伝えできますように。

2月2日

本日の八反草50。

2batu2.jpg


始まりましたな、という面。


純米大吟醸はこれから発酵温度を低めに
10度少し超えるくらいまでの温度で
ゆっくりと発酵をすすめます。
この温度調整に気をつかうところ。

もうすぐ寒波来襲の予測。
このへんの情報もインプットしつつ
今日もお守り。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。